■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。

 

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。
近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。 レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

 



■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:170611

夕方食後、数時間経って、
寝る前に体操するのは、ダイエットには逆効果です。

もちろん、
体操することによってカロリーが消費されますから、
体操後何も食べないのであれば
理論上、痩せる可能性はあります。

しかし、これはそもそも、
「ダイエットしなければならないほど太っている人が持つ食欲」
を無視したやり方です。

なぜなら、
寝る前に体操すると
交感神経が刺激されてしまい目が覚めてしまうことと、
体操による空腹感によって、
深夜に空腹を満たすため食べてしまうという
ダイエットにとっては
最悪の事態を起こしてしまう可能性がかなりあります。

数日ならば寝る前に体操しても
何も食べずに過ごせるかもしれませんが、
そんな苦行のようなダイエットはいずれ破綻し、
ストレスによって暴飲暴食をしてしまう日がいつか来ます。

皆様は、こんな経験がありませんか?
体操した後、寝ようとしても寝られず、
深夜に起きだして味噌ラーメンを作ってしまったり、
コンビニにおやつを買いに行ったり…

ダイエット中は、
深夜に食べるのは厳禁だとわかっていても、
食べてしまう…そしてまた太る…

「寝る前に体操したら痩せる」という方法論に
食欲の概念が無視されているために起る悲劇ですね。

ダイエットの基本が食欲の抑制であると考えるなら、
夕方食をとってから数時間後、
寝る前の体操は行ってはいけないのです!

「寝る前に体操などせず、腹が減ってくる前に寝る」
これを心がけることが必要なんです。

この食欲を抑えるダイエット方法を続けていると、
自然に早寝早起きになってきますよ。

レーシック情報@ レーシック情報A レーシック情報B レーシック情報C レーシック情報D