■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切


■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
レーシックとは、既に欧米では10年以上の実績を持っている比較的有名な手術方法です。
日本国内におきましても非常に多くの人が受けており、国内での手術の失敗はまだ報告されていません。

レーシックの手術では、当然眼科の専門的な知識は必要ですが、同様にレーシックの手術をどれだけ経験したかということも重要です。
実績のあるクリニックに在籍をしている医師でしたら安心してレーシックを受けることが出来るでしょう。
レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 レーシックの手術を実施するのは、人間ですので、どうしてもそこには失敗をしてしまうリスクがあります。
しかしレーシックの手術をした時の失敗の可能性というのは、一般的な手術と同様で高い確率のものではありません。





■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切ブログ:170914

「お腹のポッコリが気になりはじめた」
「お気に入りのパンツが入らなくなった」などが、
減量を始めたきっかけだと思います。

そんなとき、ネットで調べたり、
テレビや雑誌で話題になった
「簡単な減量」に飛びついていませんか?

実際
「簡単な減量」で成功した人もいると思います。
その減量方法は、その人に合っていたのでしょう。

しかし、
全て人に合っているとは考えもの…

例えば
「体重100キロの人が、三ヶ月で30キロの減量」
というような減量特番がよくあります。

これは、
肥満体質の方が余分な脂肪を落とした結果です。

体重55キロの人が同じ減量をして
同じような減量ができるでしょうか?

30キロとはいかなくても、
減量できる場合もあるでしょうが、
それは、余分な脂肪を落としたのではなく
「やつれた」だけではないのでしょうか。

逆に栄養不足でからだが本能的に脂肪を溜め込み、
リバウンドして体重が増えてしまう場合もあるでしょう。

減量には、
自分に合った方法が存在します。

減量は時間がかかります。
というよりも「一生続ける」ことかもしれません。

一時的にお腹周りを解消できても、
今まで行ってきた減量をやめてしまえば、
元に戻ってしまいます。

長期的にお腹をへこませるための減量方法で、
お腹がへこんだあとも
継続していける方法を見つけなければなりません。

そのためには、
楽しく、生活習慣に溶け込んだ方法がベストです。

最初は「減量するぞ」という意識をもって取り組んで、
いつのまにか「減量している」ということを
忘れてしまうような方法です。

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

★メニュー

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)短時間で終わって安心のレーシック手術