■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切


■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
レーシックとは、既に欧米では10年以上の実績を持っている比較的有名な手術方法です。
日本国内におきましても非常に多くの人が受けており、国内での手術の失敗はまだ報告されていません。

レーシックの手術では、当然眼科の専門的な知識は必要ですが、同様にレーシックの手術をどれだけ経験したかということも重要です。
実績のあるクリニックに在籍をしている医師でしたら安心してレーシックを受けることが出来るでしょう。
レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 レーシックの手術を実施するのは、人間ですので、どうしてもそこには失敗をしてしまうリスクがあります。
しかしレーシックの手術をした時の失敗の可能性というのは、一般的な手術と同様で高い確率のものではありません。





■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切ブログ:170624

減量中、ウエストが減ったらどうしていますか?
我慢していますか?

皆様、あまり無理しないでくださいね。
無理に我慢してしまうとストレスが貯まり、
ストレス食いをしてしまうことになりますし、
減量が辛いものになって長続きしませんよ!

減量中でも、ウエストがすいたら間食をしましょう!
間食はいけないと思っている人が多いと思いますが
間食がいけないのではなくて、
間食で食べてはいけないものがあるだけなんです。

減量中の間食としてお勧めなのが、
リンゴやイチゴなどのフルーツです。

カロリーを気にする人もいますが
フルーツは消化吸収に多くのカロリーを必要とするので
吸収されるカロリー自体は低いのです。
もちろん、お菓子と比べれば低いですよね!

さらに、フルーツには水分も多く含まれているし、
ビタミンも豊富!
ビタミンは脂肪の燃焼に必ず必要となる物質なので、
減量には欠かせませんし、
美容にもいいですよ。

もう1つお勧めなのが、
チョコレートや
大豆などで出来たお菓子です。

チョコレートは少し食べるだけでも血糖値を上げて
脳を満足させるので、
ごはんの前に食べると食事量が少なくて済みます。

大豆で出来たお菓子は、
栄養価が高いので、減量補助食品になります。

ちなみに、
間食として食べてはいけないものは、
炭水化物と油を多く含むものです。

なぜダメなのかというと、
炭水化物と油を一緒に食べると、
すぐに脂肪に変わってしまうからです。

減量中でも、ウエストがすいたら…
フルーツやチョコレート、
大豆で出来たお菓子などを食べるようにしましょう。

もちろん、どんなものでも食べ過ぎてしまっては、太ってしまうので
適量ですよ!

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切

★メニュー

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)短時間で終わって安心のレーシック手術