■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

 

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

歯科医師 求人
http://www.kujakukai.jp/



■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:170608

シェイプアップで目標体重になった後に
気になるのは「リバウンド」。

リバウンドが起こる原因は
「ホメオスタシス」なんだそうです。

ホメオスタシスというのは、
体質を常に一定に維持しようとする生命維持機能のことで、
シェイプアップ終了後は、
これを定着させることが必要なんですって!

シェイプアップを始めると、
一日の摂取カロリーを減らすため
最初は順調に体重が落ちますが、
停滞期になると体重が落ちなくなります。

この時ホメオスタシスは、
体質に入ってくるエネルギーが少なくなったため、
体質のエネルギー消費量を減らして維持しようとしますが…

しばらくすると、
減らしたご飯量でも体質は十分維持できると判断し、
エネルギー消費を元に戻します。

これと同様にシェイプアップ後も、
ホメオスタシスが落ち着くことにより
体重維持が出来るようになります。

もしこれが落ち着く前にご飯量を戻してしまうと、
基礎代謝は減っているのに摂取カロリーが増えるため、
結果的に脂肪として蓄積しリバウンドしやすくなってしまうので、
シェイプアップ後一ヶ月は、
ゆっくりと体質をならす事が大切なんです!

なので、
シェイプアップ後のご飯は
シェイプアップ中と同様に一日3食をバランスよく摂り入れ、
ご飯の量は一ヶ月かけて
ゆっくりと戻していきましょう。

体質を作るたんぱく質、
体質の調子を整えるビタミン・ミネラル・食物繊維をしっかり確保しながら、
エネルギー源となる糖質は適度に、脂質は控えめにしましょう。

そして、
シェイプアップ中に行っていた運動も
ストレスにならない程度に続けましょう。
運動を続けることで基礎代謝を維持出来るため、
リバウンドしにくい体質になりますよ!

レーシック情報@ レーシック情報A レーシック情報B レーシック情報C レーシック情報D