■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

 

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

歯科医師 求人
http://www.kujakukai.jp/



■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:170722

友達が言うには
「おふくろの味」のダントツ1位って、
ハヤシライスなんだそうですね。

みなさん、ホントですか?

というのも、
わたしはお母さんのハヤシライスをきちんと思い出せないんです。

それはお母さんがハヤシライスを作ってくれなかったからではなく、
毎回味が違ったからです。

ある時はドロドロのこってりハヤシライス、
ある時はしゃばしゃばのあっさりハヤシライス。

その都度、
お母さんは「目分量だから」と言っていました。

出ました「目分量」!

レシピでは伝えきれない目文量…
きっとこれが「おふくろの味」のキーポイントになるのでしょうが、
わたしのお母さんの場合、
いわゆる「目分量」という言葉は適応されません。

「目分量」というよりも
「気分量」という言葉があてはまると思います。

その日のお母さんのテンションによる味付け、
それが「気分量」です。
気分量は様々なバリエーションを生みます。

例えば、
我が家は誕生日ケーキも手作りだったのですが、
ケーキの大きさが毎回違うんです。

これはお母さんがケチっているわけではありません。
ときにスポンジがどのくらい膨らむか、
これが焼いてみないとわからないのです。

ほとんど膨らまないときのケーキは2段重ねのくせに
高さ5センチくらいのときがあります。

食べてみると
ふんわりという表現からほど遠く、
どっしりとした重量感はベイクドチーズケーキのようでした。

お母さんの面目もありますから断っておきますが、
味はなかなかのモンですよ!

ただわたしが言っているのは、
これといって決まった味がないので、
何をもって「おふくろの味」と呼べばよいのか、
なかなかジャッジが難しいということなんです。

レーシック情報@ レーシック情報A レーシック情報B レーシック情報C レーシック情報D