■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。

 

レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。

 



■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意ブログ:170908

オハヨーコーラス(*^д^)(*^д^)(*^д^)ォ'`ォ'`♪

レモンの酸味成分のクエン酸に、脂肪燃焼効果があることから、
「レモン水減量」が注目されています。

レモン水減量は…
レモン汁1/4個分と
ミネラルウォーター200mlを混ぜ合わせたレモン水を
1日3回、食事の後にコップ1杯(約200ml)飲みます。
食事の前やお腹がすいている時は、
胃に負担がかかるので避けましょう。
…という簡単なダイエット法です

レモンって、
減量の強〜い味方なんですよね!

まず、脂肪燃焼効果。
レモンに含まれるクエン酸が、代謝をスムーズにします。
また黄色の成分であるへスペリジンは、脂肪の吸収を抑えます。

次に、疲労回復効果。
クエン酸は、疲れの原因である乳酸を分解します。
疲労を感じたときは、
チョコレートのような甘いものよりレモンを食べましょう。
ローカロリーな上、効果が期待できますよ!

そして、美肌&若返り効果。
豊富なビタミンCは肌を美しく保ちます。
また抗酸化作用により、からだの中からの老化を防止します。

さらに、ストレス解消効果もあります。
レモンの香りの成分である
「リモネン」は精神をリラックスさせます。
ストレスはからだの中のビタミンCを消費させるので、
レモンで補給しましょう。

簡単にでき、制限が少ない…
魅力的なレモン水減量。

もちろん、
摂取エネルギーが消費エネルギーを上回れば太りますので
「レモン水さえ飲んでいれば大丈夫」という訳ではありませんが、
レモンのさまざまな効能は、減量にとても役立ちます。

さわやかなレモンのパワーで、
からだの中からキレイになりましょう。

おしまい!!!

レーシック情報@ レーシック情報A レーシック情報B レーシック情報C レーシック情報D