■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。

 

レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。

 



■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意ブログ:170702

ご飯に関するマナーは娘が大人になっていくなかで
しっかり覚えていかなければならないものですよね。

そして
その学びの場の中心は他でもない、
食卓という場にこそあります。

例えば…
和食では左手前にご飯、右手前に汁物、真ん中に主菜を置く…
というような配膳の仕方から始まって、

正しい箸の使い方、茶碗の持ち方といった
ごくごく基本の食事作法、

あるいは
迷い箸、たぐり箸、なみだ箸などの箸の使い方や、
クチにものを入れたままおしゃべりをするといった
ご飯をする上でのタブー…

こういったご飯のマナーは、
家庭の食卓で日々繰り返される
ご飯の中で自然に身についていくものです。

そして、食卓はマナーを学ぶ以上に、
大切な家族のコミュニケーションの場でもあるのです。

大人も娘も年々忙しくなっていく現代、
「家族の食卓」を取り戻すためには、
ちょっとした工夫が必要なのではないでしょうか?

例えば…
娘がご飯をしている時間には、テレビを消す…とか、

一緒にご飯を食べられなくても
親は同じテーブルに座り、娘の話を聞いてあげる…
食卓では小言や成績の話はしない!

また、家族にこだわらず、
ご近所の方や仲間の家族などと
一緒にご飯をする機会をつくる…などなど。

とにかく
「誰かと一緒にご飯をするって楽しい!」
娘のそんな気持ちを積み重ねていくことが大切だと思います。

ご飯は自立の基本。
「食べることは楽しいこと」
そう実感することから娘の自立は始まるのではないでしょうか。

レーシック情報@ レーシック情報A レーシック情報B レーシック情報C レーシック情報D